隣家とハッキリとした境目がある?境界線があいまいだとトラブルになることも

境目をきっちりと確認しよう

近年話題を呼んでいる注文住宅ですが、注文住宅を建てるときに注意しなければならないことがあります。それは家を建てる土地において隣家との境目をきちんと確認しておくという点です。隣家との境目については、通常、境界標というものがあって、それが隣家との境目を示すものとなっています。境界標があればそれに従えば良いのですが、問題は境界標が無い場合です。長い年月が立っているため境界標が老朽化して無くなってしまったり、そもそもはじめから境界標がなかったりするなど、その原因は様々に考えられますが、いずれにせよ境界標が無い場合には、境界を定める必要があります。その方法としては土地家屋調査士に依頼して正しい境界を定めてもらうのが有効です。

境目があいまいだとトラブルの原因に

こうした要素は意外と見落としがちとなりますが、これは非常に重要なポイントとなります。自分が認識していた境目と隣家が認識していた境目に相違があったため、塀や樹木が越境してトラブルが発生したといったケースがよく見受けられます。そうしたトラブルにおいては隣家との話し合いで収まれば良いのですが、話し合いが決裂して裁判沙汰になるケースも少なくないのです。そうなりますと裁判にかかる費用はもちろん、それに割く労力も計り知れませんし、何よりも隣家との関係が気まずくなり、快適な生活が送れなくなります。こうした事態を回避するためにも、注文住宅を建てる際にはあらかじめ、隣家との境目をきちんと定めておくことが大切となります。