接道には種類がある!公道と私道の違いを知っておこう

公道と私道の違いとは

接道には公道と私道があります。その違いは公道は国や自治体が所有している道路だということです。そのため固定資産税等の税金は非課税の道路になります。勿論道路や水道等のインフラ整備の負担はありません。 公道以外の個人や団体で所有している道路を私道といいます。私道は所有者のものですから、通行の許可や権限も所有者にあります。また、道路のインフラ整備も所有者の負担となり、固定資産税を支払う義務も生じます。私道は土地のさまざまな事情によって形状や条件が異なり、所有者が一人(地主)だったり、購入した人達の共有名義の私道や、購入した人達で分筆し合って持つ私道等色々なケースがあります。 私道が接道された土地を購入する際は後々トラブルにならないよう注意が必要です。

私道購入でトラブルにあわないために

公道の場合は問題ないのですが、私道の場合気を付けたいポイントとして、どいうケースの私道になっているかを把握し購入を決めることです。
たとえば、所有者が一人の場合、家屋の土地同様の扱いで問題はありません。注意が必要なのは共有名義で土地を買った場合等です。売り主から敷地以外の道路部分の土地も購入することになります。そうしないと自分の敷地に入れないからです。また一つの道路を共有するのですから、日ごろから共有名義の所有者とは、良好な関係を築く必要があります。

購入した人達で私道を分筆した場合も同様です。必ず接道部分を購入しなければいけないわけではありませんが、後々のトラブルを防ぐためにも購入しておいた方がいいでしょう。分筆している所有者同志でインフラ整備についても、場所にかかわらず協力する等の確約を確認する等の備えも重要です。